別作加工品導入事例achievement case

-CASE5-農業機械メーカー様の〝珍しい部品〟依頼

一般的には目にすることがない超レアな部品を製作せよ

農作物刈り入れ時の重要部品が…

農業機械メーカー様との商談の中で、ある部品について困っているというお話がありました。それは「扱ぎ胴(こぎどう)」と呼ばれる一般的には目にすることがない別作加工品に関するものでした。「扱ぎ胴」は「扱ぎ刃(こぎは)」と呼ばれる突起の付いた歯が回転することによって、農作物の刈り入れ時に穀物と、穀物以外を分離する重要な部品です。

【ご依頼内容】
【商品名】 扱ぎ胴
【依 頼】 超レアな部品である扱ぎ胴の「品質の安定」と「安定供給」
【現 状】 職人さんが一品一品手作業で製作しているため、部品としての品質が安定しない。職人さんの後継者不足により将来の安定供給が懸念される

類似部品の製作実績がある
加工業者さん情報をキャッチ

萬代に蓄積されている営業ノウハウ、情報から、四国の別作加工業者さんが類似の部品を製作されていることをキャッチし、その加工業者さんに相談を持ちかけました。
情報通り、その加工業者さんは「扱ぎ胴」に関するノウハウがあり、現状を伝えたところ量産における品質安定性を高めるには専用治具を用意するべきというアドバイスを受けました。

蓄積したノウハウをフル活用し、
アドバイスを実行途中経過

【試作】

農業機械メーカーさんに内容を伝え、試作品を製作することになりました。これまでの手作業とは違い、ロボットを使った自動生産で対応することになりました。現行品を借用し、採寸して量産する上でのノウハウを落とし込んだ手法で、まずは部品一点一点の展開図を作成。その後、重量バランスを取るためのバランスウェイトの形状、配置にもこだわり、再現性の向上を図るとともに、徹底して無駄を省き価格を抑えた仕様を突き詰めました。そして、アドバイスどおりその仕様に基づく専用治具を製作しました。また、四国から弊社島根営業所への輸送効率も考慮し「2階建て輸送ラック」を作りました。

【品質管理】

品質を確保するための出荷検査として、複雑な形状や、計測が困難な形状でも寸法測定する事が可能な「アーム式3次元測定機」による検査を実施していただくようお願いしました。

結果課題クリア&コストダウンにも成功

試作品良好!
「扱ぎ刃」の出入り量0.02mm以下という驚異的な品質安定性を得ることが出来ました。
課題であった「品質の安定」、「安定供給」を見事クリア!!さらに部品を再設計、生産を自動化したことでコストダウンにも成功しました。
まとめ

この「扱ぎ胴」という珍しい部品に関する課題をクリアできたのは、萬代がもつ幅広い調達ネットワークにより、専門ノウハウを持った遠方の加工業者さんとお客様をピンポイントでマッチング出来たからだと言えます。