別作加工品導入事例achievement case

-CASE3-搬送ローラーの長寿命化依頼

限られた予算で耐摩耗性に特化したローラーを製作せよ

⾃動機メーカー様困惑…
改善策の⽬途が⽴たない

⾃動機メーカー様との商談中、「ある部品が早期摩耗し対策が必要だが改善策の⽬途が⽴たなくて困っている」との情報をキャッチ。限られた予算内で果たしてクライアント様のご要望に応えられるのか…。

【ご依頼内容】
【商品名】 搬送⽤ローラー
【課 題】 ⾃重20キロ程度の⾦属製部品を次⼯程に搬送する為の「搬送⽤ローラー」について、部品、ローラー共に⾦属製のため、ローラーの部品との接触部が摩耗してしまい頻繁に交換作業が発⽣してしまっている。
【依 頼】 連続搬送を実現するため、ローラーに耐久性を持たせたいが予算が限られている。
【現 状】 これまで材料を硬い物に変更して試作評価してきたが、思うような結果が得られない。

過去の類似案件から解決の糸口を見出す

限られた予算での検討のため、ローラーを超鋼材で製作するのはNG。理由は全長280㎜、最大外径φ90と大きいものであるためかなり高価になってしまうから。そこで、切削工具を長寿命化する案件の際に、工具より硬い性質を持った金属皮膜を表面に形成したことを思い出し、表面処理で検討を進めることにしました。

加⼯業者さん選定途中経過

表面改質技術のスペシャリストとして名高いA社さんに相談。「安価で耐摩耗性に特化したローラーを作る」というテーマの下、両社で製作手順を検討しました。

【調質したクロムモリブデン鋼:SCM440でローラー本体製作+焼入れ】
……萬代が担当
【ローラー接触部に超鋼溶射+ローラーの芯出しを目的に、両端軸受圧入部とローラー本体の同時研磨仕上げ】
……A社に依頼
製作⼿順を⾃動機メーカーさんに説明し試作評価へ。

結果低価格&高機能品が完成!!

結果良好!!
超鋼という材料は固くて耐摩耗性に優れていますが非常に高価です。ローラー本体に安価な材料を用い、表面のみに超鋼を溶射することで低価格かつ耐摩耗性を実現しました。加えて、溶射部とローラー両端の軸受部を同時研磨仕上げしたことで、回転振れを抑えた高機能な製品となりました。
まとめ

別作加工品製作に関する経験を活かし、クライアント様と専門技術を持った加工業者さんを結びつけることができました。経験と幅広い調達ネットワークを持った萬代ならではの好例となりました。