別作加工品導入事例achievement case

-CASE2-自動機メーカー様からの難題解消依頼

お⼿上げ状態の難形状加⼯品を製作せよ

新規開発案件で浮上した高すぎる障壁

これまでに、多くの加⼯品を取り組ませて頂いた⾃動機メーカー様から 「○○さん、助けて!!」。急ぎ、⾯会すると、新規開発案件の気密検査装置に使⽤する加⼯品についての相談でした。

【ご依頼内容】
【商品名】 Oリング溝付きインローシャフト
【課 題】 フランジ付シャフトのインロー部に、空気漏れ防⽌⽤のOリングを挿⼊する溝を付けたいが溝形状をストレートにすると、空気漏れテストの繰り返しで押し付けた部品にOリングが引っ張られる現象が起きる。
【依 頼】 Oリングを確実に保持する為に溝は勾配付にする必要があるが、対応可能か?
【現 状】 6社に相談したが勾配がキツ過ぎる為、対応してくれる業者が無くお⼿上げ状態とのこと。

加⼯業者さん選定

⽇頃お世話になっている⼭⼝県の加⼯業者さんが、難形状の加⼯品を製作する場合、特殊⼯具を⾃作して対応すると話していたことを思い出し、相談を持ちかけました。類似形状の製作実績があり、専⽤⼯具を製作するべきとのアドバイスを受け、その加⼯業者さんに検討を進めてもらうことにしました。

試作を繰り返すたびに高まる難易度途中経過

加⼯業者さんとの対応内容を⾃動機メーカー様に説明し、試作評価する流れになりました。溝切りを⾏ったインロー部のみを製作し、⾃動機メーカー様へ納⼊し、空気漏れテストを実施して頂きました。1回⽬のテストでは空気漏れが発⽣、勾配を少しキツくした2回⽬も空気漏れが発⽣…。更に勾配を24度にキツクした3回⽬にようやく空気漏れを解消。

結果難題を解消!

「別作加⼯品の製作不可」を「専⽤⼯具を作る」ことにより製作可能にしました。お客様のニーズを満たす萬代を通じて、⾃動機メーカー様、加⼯業者さんのご協⼒を取り付けることができたことで、クライアントが抱える問題を解消することができました。
まとめ

後⽇談ですが1回⽬、2回⽬、3回⽬と⼯具製作の難易度が⾼くなり、完成まで10 本以上試作を繰り返したとのことです。信頼関係が構築されている加⼯業者さんだからこそ、そこまでご協⼒いただくことができました。クライアントの問題解消に向け、加⼯業者さんとの信頼関係の重要性を再認識しました。